お店紹介

ごあいさつ

たなべ米穀店の昔

大正末期に卸商店として創業し、
昭和24年よりお米一筋に歩んでまいりました。
現在、3代目と4代目で本物のお米を丹精込めて精米し、
皆様に皆様に真心米てお届けいたします。

たなべ米穀店はお米マイスター認定者がいるお店です。

私たちがお届けいたします。

たなべ米穀店スタッフ たなべ米穀店スタッフ

参加団体

  • JA京都米推進委員
  • 京都府米穀小売商業組合 右京支部 支部長
  • 日本米穀小売商業組合連合会「お米マイスター」認定者
  • 京都中央信用金庫青年経営者倶楽部 会員

「おいしい!」のために

たなべ米穀店 お米イメージ

日本の主食とだけあって、お米にはたくさんの品種があり、特徴も味色々。
当店は産地・気候風土をしっかりと見極め、お客様のニーズにあった美味しいお米作りに努めています。
また、定期的に産地へ行き生産者との交流を深め、お米屋さんのグループ「シャリフ」での情報交換やPB商品の開発など活動をしています。
また、精米前に放射能測定検査を実施ししていますので、安心してお召し上がりください。

詳しくはこちらから»

大切な精米作業

たなべ米穀店 精米

精米の仕方一つで、お米の味が変わることをご存知ですか?
良い玄米を仕入れても、機械まかせにしては台無しです。
常に私の目で、白度や香り・湿度をチェックしながら、白米に仕上げていきます。
仕入れた玄米は、低温倉庫内で品質をキープ。
精米ラインも最新のものを、導入しています。

詳しくはこちらから»

健康トータルサポート

たなべ米穀店 商品

近年、バランスの良い健全な食生活をしようという考えが、高まりつつあります。
なかでも、無形文化遺産の登録を機に、ごはんを中心とした和食が見直されるようになりました。
私たちはその担い手になるよう、さまざまな情報や商品の提供に努めています。

取扱商品についてはこちらから»

弊店概要

たなべ米穀店
店名 たなべ米穀店(田辺米穀店)
住所 〒616-8242 京都市右京区鳴滝本町115
TEL 075-462-2436
FAX 075-462-1815
営業時間 8時~20時
配達時間 9時~19時
定休日 日曜・祝日・年始
URL https://okome.kyoto.jp/

地図はこちら»

沿革

1923年(大正12年) 葛野郡鳴滝村(現在地の右京区鳴滝)にて 初代 田邊卯ノ助が小物・陶器等を扱う「田邊商店」を創業
1924年(大正13年) 東京池袋にて 諸国陶磁器卸小売店「田邊商店」支店を開業
1940年(昭和15年) 東京支店を閉業
1949年(昭和24年) 現在地で田邊商店から、米穀卸・小売の田邊米穀店へ改称
1949年(昭和24年) 二代目 田邊勝彦が入店
1965年(昭和40年) 三代目 田邊元五郎が入店
1997年(平成9年) 四代目 田邊隆司が入店
1998年(平成10年) サタケ 大型精米ラインを増設
2012年(平成24年) 山本製作所 大型低温倉庫アグリを増設